「高機能自閉症」とも呼ばれるアスペルガー症候群

 

言葉は達者だが保育士の「指示」に従えない

アスペルガー症候群の子は、言語の発達に遅れがないのに、こちらの言うことを正確に理解できていない場合があります。

 

言葉の発達は、アスペルガー症候群の子は人並み以上に優れていることが珍しくありませんが、集団の中で保育士の指示に従えないことが多いのはなぜでしょう?

 

通常、保育園に通うくらいの子供は、まだまだ上手に言葉を操ることはできません。

 

そのため、保育士は言葉よりも自分の表情やしぐさを使って指示を与えがちです。

 

ところが、アスペルガー症候群の子は表情やしぐさから相手の言いたいことを読み取ることが苦手なのです。

 

アスペルガー症候群の子に指示を理解させるには、表情やしぐさではなく、正確な情報を言葉でしっかり伝えるほうが効果的です。

 

表情やしぐさはアスペルガー症候群の子供には伝わりにくい

 

アスペルガー症候群の子は、保育士が言いたいことを表情やしぐさから読み取るのが下手です。

 

感情に訴えて本人に考えさせるのではなく、「友達のおもちゃを壊してはいけない」などのように、指示したい情報を言葉で正確に伝えるほうがよく理解できる。