「高機能自閉症」とも呼ばれるアスペルガー症候群

 

社会的技能を身につける訓練

「社会的技能」を身につけさせるには、どんな場面でどのような表情や態度をとるのか、何度も繰り返して子供に理解させることが必要です。

 

社会的技能を身につけるためには、経験や訓練が必要です。

 

アスペルガー症候群の子供にとっても親にとっても大変ですが、この技能は今後の暮らしやすさに深く関わってきます。

 

社会的技能の学習は、望ましい見本を見せ、状況に合った表情や態度を子供に覚えさせていくことが基本となります。

 

例えば、写真やビデオを用いたり、実際に大人がその場面を演じて見せ、ここでどのような態度をとるべきなのかを教えていきます。

 

台本を作って子供自身に演じさせてもよいでしょう。

 

子供に、うれしい、悲しい、心配、怖い、腹立たしいなどさまざまな表情をさせ、鏡やビデオ録画などによって自分自身の表情を見せるのも効果的です。

 

テレビ番組や映画を見る時に、音声を消して何が起きているのかを読み取らせるのも場面の雰囲気をつかむ練習になります。

 

また、物語の展開を予測することで、他人の行動の予測する力をつけさせる方法もあります。