「高機能自閉症」とも呼ばれるアスペルガー症候群

 

一度にたくさんの指示をださない

アスペルガー症候群の子供は、一度にたくさんの指示を与えられると混乱してしまいます。指示はひとつひとつ順を追って出しましょう。

 

アスペルガー症候群の子供は、身の回りの情報を素早く処理することが苦手です。

 

対人関係に関する情報を理解し、素早く対応することが苦手なことが学習を困難にする大きな要因ともなっています。

 

この特性を理解したうえで、アスペルガー症候群の子供が上手に活動したり、学習できるように導いていくが大切です。

 

まずは、指示を単純明快に出すことから始めましょう。

 

長々と説明していると、子供は指示の要点を見失ってしまうからです。

 

指示は1つづつ与えるように心がけます。

 

1度指示を出したら、子供が1つのことをやり終えるまで根気よく待つことも大切です。