「高機能自閉症」とも呼ばれるアスペルガー症候群

 

事前の予告をする

素早い判断が苦手なアスペルガー症候群の子供には、事前の予告をして心の準備をさせておくと、比較的スムーズに事が運びます。

 

聞かれたことを瞬時に理解し、上手に受け答えをすることが、アスペルガー症候群の子供は苦手です。

 

これには、「事前の予告」をすることで、対応できるようになります。

 

例えば、国語の授業で、教師が生徒に教科書の音読をさせるとき、いきなり、アスペルガー症候群の子供に、「じゃあ、あなた読んで」というと、音読しなければならないことに時間がかかり、混乱することもあります。

 

これに対し、「A君が一番に3行読みます、B君が二番に3行読みます、次はあなたが3行読みます。そのとき手を叩いて合図をしますね」と、事前の予告をしてあげておけば、混乱することはありませんし、より授業への集中力が増す結果となります。