「高機能自閉症」とも呼ばれるアスペルガー症候群

 

保育園でお友達と一緒に遊べない

集団生活を始めると、アスペルガー症候群の症状は目立つようになります。ひとりで黙々と遊ぶことが多いのも、その特徴のひとつです。

 

自分の気持ちや行動を先読みしてくれる親と一緒に過ごす幼児期は、子供にとって快適な時期といえます。

 

特にアスペルガー症候群の子にとっては、自分を理解してくれる親と1対1の人間関係はストレスの少ないものでしょう。

 

しかし、保育園や幼稚園に入ると、同年代の子供たちと一緒に過ごさなくてはならなくなります。

 

大人に理解してもらうのも難しいアスペルガー症候群の行動特性を同年代の幼い子に理解してもらうのは難しいものです。

 

気持ちの移り変わりの早い同年代の子供たちと過ごすのは、表情や動作の意味を理解することが困難なため、とてもストレスがたまります。

 

さらに、興味のあることに没頭しやすいアスペルガー症候群の行動特性から友達をさけてひとりで遊ぶことが多くなりがちです。

 

集団生活はストレスの強い状況です

 

アスペルガー症候群の子は1対1の親子関係では自分の居場所がはっきりとわかるので、さほどストレスは感じません。

 

しかし、自分と同年代の集団の中では、自分のポジションがはっきりしないため不安に感じます。

 

また、相手の反応が予測できないこともストレスを感じる大きな要因です。

 

ストレスの強い環境は誰でも避けたいものです。

 

さらに興味のあることに没頭しやすい特性のために、いつも一人でいることが多くなります。