「高機能自閉症」とも呼ばれるアスペルガー症候群

 

心の理論は理解できない

アスペルガー症候群の子供は「他人と自分は違う考えを持っている」ということを十分に理解できません。

 

「心の理論」とは、他人の意図を理解する能力です。

 

この能力は脳の前頭葉にあると考えられており、通常4歳ごろに獲得されます。

 

そのおかげで他人がどのように考え、行動するのかが推測できるようになるのです。

 

しかしアスペルガー症候群の子供はこの心の理論の発達が十分でないことがわかっています。

 

心の審理を知るためのの「サリーとアンの課題」

 

同じ部屋にサリーとアンがいます。部屋にはタンスとアンのカゴとサリーの人形があります。

 

  1. サリーは人形をタンスにしまい、庭に出ます。
  2. アンはタンスからサリーの人形を出して遊びます。
  3. アンは人形に飽きて自分のカゴにしまいます。その後アンはどこかへ行ってしまいます。
  4. サリーが庭から戻り、人形で遊ぼうとします。

 

Q.サリーはどこを探すでしょう?

 

4歳以上の子供は、「サリーはタンスの引き出しを探す」と答えます。

 

4歳未満とアスペルガー症候群の子供は、「サリーはカゴの中を探す」と答えます。