「高機能自閉症」とも呼ばれるアスペルガー症候群

 

特有の時間の感覚

アスペルガー症候群の子供は、特有の感覚を持って暮らしていますが、時間についても独特の感覚を持っていることがわかっています。

 

通常、現在を起点に、過去や未来のことを考えます。

 

時間は止まらずに流れ、直線でつながっていることは当然のことであると感じています。

 

しかしアスペルガー症候群の子供は、こうした時間の連続性が時々途切れることがあり、これは記憶に関わる、脳の辺縁系という部分の働きに違いがあることと関係があると考えられています。

 

例えば、今夜の夕食について、家族みんなで話しているとき、突然何年も前のキャンプに行った時の話をしだしたりします。

 

このとき、アスペルガー症候群の子供の中では過去のキャンプの情景が現在のことのように現実感を伴って意識のぼっているのです。

 

「タイムスリップ」とも呼ばれる時間の感覚は、アスペルガー症候群の大きな特徴です。