「高機能自閉症」とも呼ばれるアスペルガー症候群

 

顔の表情をとらえるのが苦手

目や口などの個々のパーツの形などから表情を判断しようとするため、顔全体の表情を読み取ることがとても不得手なのです。

 

アスペルガー症候群の子供は、人の顔全体を見てその表情を理解することが不得意です。

 

通常、怒っているか喜んでいるのかは顔全体をとらえていれば瞬時に判断できます。

 

しかし、アスペルガー症候群の子供は、その人が怒っているか喜んでいるかを判断するのか、顔全体が発している表情をとらえることができないので、そして表情を理解するために目や口といった個々のパーツの形を頼りに判断することが必要になります。

 

アスペルガー症候群の子供の中には、表情を理解するために、「喜んだ顔は目が大きく開いて、口の両端が上がる」といったメモを作っている子もいます。

 

アスペルガー症候群の子供は、顔のつくりとその動きのひとつひとつを確認し、それを重ね合わせて表情を読み解くという困難な作業をしないと、表情の意味を理解することができないのです。