「高機能自閉症」とも呼ばれるアスペルガー症候群

 

いっぺんに多くの音が聞こえる

アスペルガー症候群の子供は、必要な音だけに神経を集中させる「選択的注意」が行えないため、人ごみや騒音が苦手です。

 

アスペルガー症候群の子供は、人ごみや大きな音のする場所が苦手です。

 

アスペルガー症候群は多くの音が一度に耳に入ってきてしまうという特有の感覚を持っているせいです。

 

通常人と話しながら道をあるているときは、車が走る音や通り過ぎる人の靴音などが耳に入ってきても、相手の声だけに神経を集中させることで、相手の声だけに焦点を合わせ、他の音にはフィルターをかけることができます。

 

これを「選択的注意」といいます。

 

このメカニズムはまだ完全にはわかっていませんが、人間には入ってくる感覚刺激のうち、ある一部だけに注意を傾ける能力があります。

 

アスペルガー症候群はこの選択的注意の能力が十分に働かないのではないかと推測されます。

 

そのため、道を歩いている人の靴音や車の騒音などがすべて耳に入ってきて混乱してしまうのです。