「高機能自閉症」とも呼ばれるアスペルガー症候群

 

言葉の裏はわからない

私たちは本当の気持ちとは逆の感情をこめて「皮肉」を言うことがありますが、これはアスペルガー症候群の子供には理解が困難です。

 

通常、言葉には、相手に伝えるべき「事柄」と、言葉に込められた「感情」という2つのメッセージが含まれます。

 

アスペルガー症候群にうまく伝わらない例として、皮肉・冗談・比喩が挙げられます。

 

普通はそこまでしないといった暗黙の了解も十分に理解できないため、社交辞令的なものも通じにくいようです。

 

「あなたは優秀ね」という言葉を本当に褒めてあげる場合と、皮肉として言う場合が考えられますが、アスペルガー症候群の子供には、前者の褒められたということしか通じません。

 

ほかにも、急いでやってきたことを、「飛んできた」と言うとアスペルガー症候群の子供には、本当に空を飛んでやてきたと理解してしまいます。