「高機能自閉症」とも呼ばれるアスペルガー症候群

 

目を合わせにくい

アスペルガー症候群の子供は、視線を合わそうとしても合わないことが多いのです。相手の視線にもあまり関心を示しません。

 

通常、赤ちゃんは目が見え始めると、人の顔に注意を向けるようになり、中でも注目するのが眼です。

 

私たちは生まれながらの習性として相手の目を見ることによってその人の視線の方向を探ろうとします。
しかし、アスペルガー症候群の子供は相手の顔や目に関心があまりありません。

 

アスペルガー症候群では通常人の顔を見た時に働く、脳の上側頭回や紡錘回という部分が十分に働いていないそうです。

 

アスペルガー症候群の子供が視線を投げかけられると、目を下に落としたり、ちらりとかすめるように見たりするのは、相手の視線に関心がないからで、決して相手を嫌っているのではないことを理解してください。